D-garage   




| トップ | 施工例 | 愛車イラスト | twitter | オリジナル商品 | 不定期日誌 | 更新情報 | お問い合わせ | リンク | 掲示板 |

車のイラスト&バイクのイラスト制作なら D-garage にお任せ! ペン画のような精密さと水彩画のような風合いを合わせもったデジタル制作のイラスト。 車好きの旦那様・恋人へのクリスマスプレゼント等、ご贈答用にいかがですか?


Alfa-Romeo アルファロメオ スパイダー アンプ&ウーファー

近年では珍しくなくなったアルファロメオでのオーディオカスタムですが、
スパイダーにウーファーを、となるとなかなか敷居が高くなります。
「それでも何とか・・・!」というオーナー様の強い要望に、スッキリメイクでお応えしました。


d0083487_23305099.jpg
▲製作例/ALFA-ROMEO Spider






リアのラゲッジと遮られるオープンカーは、ウーファー&アンプ設置の難易度が一気に上がってしまいます。
とはいえ、今回の車両アルファ・スパイダー(916)には広いリアスペースがあるのですが・・・
オーナー様から「リアの収納は犠牲にせずスッキリとしたインストールで」とリクエスト頂き、
シートバックのわずかなスペースに設置することとなりました。


d0083487_23445151.jpg
▲作業前に上方より撮影したシートバック部。なぜ玄翁があるかは不明です(笑)

d0083487_23522652.jpg
▲黄矢印の先にご注目


スパイダーには純正リアスピーカーが付いています。それも中央に1発。
当然穴を広げてここにウーファーを・・・と考えがちなのですが、
そのスピーカーの向こうはオーナー様が「犠牲にはしたくない」と仰る収納ボックス。
しかもボックス端にはバッテリーが積まれており、ここにインストールするのは見送りとなりました。


d0083487_23581857.jpg
▲設置場所はシートバックに決定です(採寸&設計中)





・・・さて、いきなりの完成です。
このスペースにCHRONICの2chアンプとRockford Fosgateの8インチが収まりました。
アンプの存在感を消さないよう全体をツヤの少ないレザーで仕上げています。

d0083487_022655.jpg
▲助手席を少しリクライニングできる角度で製作



“スッキリ”した仕上げではありますが、イコール何も無し、というわけではありません。
デザイン上大変重要なことですが、構成パーツの境目は「ライン」としてアクセントになります。
今回のアンプラックはメンテ用に着脱カバー式にしていますので、その境目もまた重要なアクセント。
D-garage は、そうしたアクセントや各部の凹凸をバランス良く配したデザインこそ“スッキリメイク”だと考えています。

d0083487_0195442.jpg
▲バックルを下げカバーパネルを取り外せばメンテナンスも可能



運転席側はCDなどの小物が入れられる収納ネット付きのボードを製作。
また、オーナー様が時おり荷物を積まれるようなので、シートの後方空間は少し広めにとってあります。
もちろん中央のウーファーボックスとは分離も可能で、アンプを追加することもできます。

d0083487_0493637.jpg
▲運転席側にはネット式の収納ラックを設置



最後にウーファーボックス部ですが、ここはセンターコンソールから続くラインをリアまでつなげるため、
左右のラックより盛り上がった形状に。また、ウーファー周りは別パネルにした上でカーボン柄レザーを張り変化をつけています。

d0083487_036818.jpg
▲ぱっと見は黒でも近づけばカーボン柄だと気づきます
[PR]
by d-garage | 2010-01-20 00:40 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dgarage.exblog.jp/tb/10681395
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。