D-garage   




| トップ | 施工例 | 愛車イラスト | twitter | オリジナル商品 | 不定期日誌 | 更新情報 | お問い合わせ | リンク | 掲示板 |

車のイラスト&バイクのイラスト制作なら D-garage にお任せ! ペン画のような精密さと水彩画のような風合いを合わせもったデジタル制作のイラスト。 車好きの旦那様・恋人へのクリスマスプレゼント等、ご贈答用にいかがですか?


DivX対応DVDプレーヤー


カーナビ全盛のこの時代、もはやカーオーディオの中心は映像機器なんだろうか?
などと言いつつ、自分もせこせことパソコンで動画をDVDに焼いて車中で楽しんでおります^^

さて、パソコンで動画を操るスキルのある方ならDivXという圧縮ファイル形式をご存知でしょう。これ、まさにカーオーディオ向けだと思うのですが、どうでしょうか?
ナビの7インチモニターあたりでの鑑賞に堪えられる画質なら、DVD-R1枚に10時間近くいけちゃいます。ただ問題は・・・DivX対応のプレーヤーでしか再生できないこと、当たり前ですね。

▼DivXに対応したJVCのKD-DV6200-S

d0083487_4322565.jpg





さて、DivXプレーヤーの説明の前に、まず「動画をDVDに焼く」という作業をおさらいしましょう。

まずネット上に落ちている動画を拾ってきたとします。動画には様々なファイル形式があるので、その形式をDVD形式に変換(エンコード)します。次に、変換されたDVD形式のファイルは実はそのままではプレーヤーで再生できないため、ディスクに焼く際は決められた形に直して記録(オーサリング)します。
言うなれば2度手間でそれぞれに専用のソフトが必要ですし、何と言ってもオーサリングには相当の時間がかかります。

一方、DivXはどうでしょう?

まずはネット上で拾った動画をDivX形式に変換します。中には最初からDivX形式のものもありますから、それなら変換する必要はありません。
そして、次にすべきは・・・ただパソコンのDVDスロットにディスクを差し込みファイルをコピーしてやるだけです。そう、オーサリングの必要はないんです。
単純に手間は約半分、時間は10分の1以下、そして何よりファイル容量が小さく、1枚のDVD-Rに数時間、圧縮次第では10時間超の動画を記録することが可能です。
さらに言い添えれば、メディアがDVDである必要もありません。

写真のKD-DV6200-SであればCD-Rでも再生可能です。また海外モノにはSDカードスロットやUSBポート付きの機種もあります。しかも、そのほとんどがリージョンフリーかつNTSC/PAL双方に対応しているため、どんな輸入DVDでも再生できるというメリットがあります。

まとめると、HDDナビに30万円という選択肢がある一方、20万円以下のDVDナビ+DivX対応プレーヤーという選択肢もありでは?ということですね。
[PR]
by d-garage | 2006-09-07 00:12 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dgarage.exblog.jp/tb/4912920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。