D-garage   




| トップ | 施工例 | 愛車イラスト | オリジナル商品 | 不定期日誌 | 更新情報 | お問い合わせ | リンク | 掲示板 |

車のイラスト&バイクのイラスト制作なら D-garage にお任せ! ペン画のような精密さと水彩画のような風合いを合わせもったデジタル制作のイラスト。 車好きの旦那様・恋人へのクリスマスプレゼント等、ご贈答用にいかがですか?


カプチで実験!? カーオーディオのマルチメディア化 3/3


ついにオーナー様の念願かなって、カプチーノにモニターが埋め込まれました。
本来のオーディオスペース(1DIN)と灰皿・シガーソケット部を加工してのインストールです。

ちなみに今回のカプチーノは、ドリンクホルダーすら廃したスッキリ仕様。となれば、当然ながらモニターにおいても、オンダッシュのポン付けは避けたいところ。時おりダッシュボード付近に多種多様なパーツを装着している車を見かけますが、純正パネルのデザインが大崩れしてしまってはカプチーノのムードが壊れかねません。その点、アキラ君のカプチーノはスッキリ純正然としたオトナ仕様。もちろん好みの問題だとは思いますが・・・



というわけで、先ずは完成した埋め込みパネルの画像です。

d0083487_4433468.jpg













7型ワイドのモニターを埋め込むにはあまりにギリギリサイズ。しかも位置的な問題から視認性を少しでも良くするため画面がやや上向きになるように設計しました。もちろん日中の太陽光反射も考慮し、画面は若干奥に入るような形になっています。




d0083487_4485331.jpg












▲助手席側からのワンショット、7型モニターが大きく感じます。



d0083487_4521260.jpg












▲画面がやや上を向き、奥に入っていることが分かります。



d0083487_904764.jpg












▲上方ギリギリに設置したためシフトノブもそれほど邪魔にはならずに済みました。



ところで今回のモニターインストール方法は、ヘッドユニットをどこへ装着するかが課題になります。これは夏前からアキラ君と相談していた事ですが、やはり前回までのレポートでご紹介したようなリアスペースへの移設がベストかもしれません。

もちろん助手席グローブボックス上部も考慮しましたが、センターラインにモニターとヘッドユニットを持ってくる方がまとまり感が出る上、いずれはグローブボックス上部へ開閉式ドリンクホルダーを埋め込む予定もあり今回はリアスピーカーボードへのインストールとなりました。



d0083487_5162677.jpg












▲シート後方のリアスピーカーボードに埋め込まれたマルチプレーヤー。



今回は特殊なインストールになりましたが、元々は限られたスペースの車両でいかにマルチメディアを楽しむかが目標でした。カーナビ全盛の時代ですが、残念ながらナビに備わるメディアプレーヤーはDVD止まり。これだけPCが普及していながら、PC界で常識となったDivXのような圧縮ファイルをカーオーディオで再生できないのは残念です。ナビの実用性も捨てがたいものの、使用頻度によってはマルチメディアプレーヤーというチョイスが正解になるかもしれません。

今回使用したプレーヤーも見た目にはCD・DVDのディスクを読み込むだけの機械ですが、そのディスクから読み込むことのできるファイル形式の数多さは、国産プレーヤーの比ではありません。そして何よりUSBポートが備わることで、前夜にネットで拾った動画ファイルを一つだけ持ち込む・・・という手軽さが加わります。もちろん動画でなく音楽ファイルでも同じ、iPodがはじめから付いているようなものですから。


CDはCDなんじゃないの?ファイル形式って何?などと思われた方、それでいてマルチメディアに興味を抱きつつある方は D-garage にご相談下さい。PCやインターネットのことでも結構、これからのカーオーディオの可能性がきっと広がりますよ!
[PR]
by d-garage | 2007-11-05 01:33 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dgarage.exblog.jp/tb/6508086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。