D-garage   




| トップ | 施工例 | 愛車イラスト | オリジナル商品 | 不定期日誌 | 更新情報 | お問い合わせ | リンク | 掲示板 |

車のイラスト&バイクのイラスト制作なら D-garage にお任せ! ペン画のような精密さと水彩画のような風合いを合わせもったデジタル制作のイラスト。 車好きの旦那様・恋人へのクリスマスプレゼント等、ご贈答用にいかがですか?


アルトワークス・2トーンウーファーボックス

基本形である台形のウーファーボックスも、
レザー色を2トーンにすることでオリジナリティが感じられるボックスに。

d0083487_3584086.jpg

▲製作例/SUZUKI Alto Works




ウーファーの音質を左右するボックスですが、安価な市販モノでは歪みやビビリがあるなど
さほど満足感は得られません。
とは言えトランク全体をカスタムしてのインストールは無理・・・
そんな方のリクエストにお応えするべくワンオフのボックスのみを製作することがあります。



今回製作した車両は、オリジナルの赤にオールペンしたばかりのアルト・ワークス。
そして内装もスポーティーなmomoステをはじめ、赤色パーツでドレスアップしています。

d0083487_3204158.jpg


ということで、予算内に収まるようにノーマルなボックス形状を選択しつつ、
サイド部を赤レザーでコーディネートしました。


d0083487_3214687.jpg


ワンオフというと高額なイメージを持たれる方も多いようですが、
10インチウーファーの場合、MDFを用いた箱形ボックスなら25,000~円、
バッフルにシナやサクラを使っても3~40,000円で製作可能です。
確かに市販品の倍以上はしてしまいますが、まずは使用する材質が違います。

例えばMDFですが、そもそもバッフルになぜMDFがよく使われるのか?
それは単純に加工のし易さだけではなく、密度が一定で反らないからなんです。
さらにMDFと言っても質は千差万別、白っぽい色のMDFはバッフルに不向きです。

市販品にはMDFすら使っていないものもありますし、
密閉性や防湿加工の有無・レザーの質感といった部分には大きな差があります。
市販品にご不満があれば是非ワンオフのボックスをお試しいただきたいものです。
[PR]
by d-garage | 2008-01-06 01:54 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dgarage.exblog.jp/tb/6896776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。