D-garage   




| トップ | 施工例 | 愛車イラスト | オリジナル商品 | 不定期日誌 | 更新情報 | お問い合わせ | リンク | 掲示板 |

車のイラスト&バイクのイラスト制作なら D-garage にお任せ! ペン画のような精密さと水彩画のような風合いを合わせもったデジタル制作のイラスト。 車好きの旦那様・恋人へのクリスマスプレゼント等、ご贈答用にいかがですか?


レガシィの室内照明・改善策/前編


昨年の暮れ、長いお付き合いのお客様に呼ばれました。
「ルームランプが暗いんで、ABでLEDランプ買ったんですけどイマイチで・・・」
確かに異常なほど暗い現行レガシィのルームランプなんですが、
購入された市販LEDランプもそれほどの明るさではありません。

特にマップランプは電球位置とレンズ位置がズレているため光が広がっていない様子。
恐らくスバルの“光源が直接目に入らず手元だけ照らせばいい”という設計なんでしょうが、
今どき冊子の地図を見ることもそうはなく、やはり広い範囲を照らしてほしいもの。
そこで、D-garage がLEDランプを試作してみました。



d0083487_1381989.jpg












▲LEDを組み込んだルームランプ。試作ですので基板の茶色はそのままです。



d0083487_1415997.jpg












▲マップランプは位置修正済み。レンズから見えるのは6個のLEDですが明るさは・・・



d0083487_1491022.jpg












▲左側のみLEDを入れて明るさを比較。たったの6個でなぜ明るい?



さてここでLED化を検討している方へのアドバイス。
市販LED(ヤフオクなどの個人製作品も含む)で失敗しない3箇条

 ①LEDの球数に誤魔化されない!
   LEDには相当の種類があり発光の強さも異なるため、球数と明るさは必ずしも比例しま
   せん。また拡散角度も色々ですから、LEDでよく表示されている明るさの単位(カンデラ、
   ルーメン)も目安にしかなりません。

 ②写真に誤魔化されない!
   カメラは光を集めて撮影するわけですから、暗い光源でも長時間露出すれば明るく写り
   ます。また、ビフォア&アフターを別々の写真で表示しているものも要注意。全く同じ露
   出・絞りで撮影しているとは限らないからです。

 ③純正比○○倍!の表示に誤魔化されない!
   その数値は何を単位にしているのでしょう? カンデラが単位であれば、それは光源1点
   の光の強さであって、手元に届く明るさを示しているわけではありません。ルーメンにしても
   光の反射などは無視されていますので、必ずしも実質的な明るさではありません。いずれ
   にしても単位を示さずに「○○倍」と謳っているのですから鵜呑みにはできません。



今回、マップランプ左右・ルームランプ・カーゴランプに各6個のLED、
カーテシには4個のLEDを使用しました。おそらく量販店やオークションなどで売られている
ものと比べると、使われているLEDの個数が少ないため、聞いただけでは明るさに疑問をもつ方もいるでしょう。
もちろん実物を見れば杞憂なのですが・・・


d0083487_5533840.jpg












▲カーテシに使用したLEDはわずか4個。でも実際は4×3=12LED!?


使用したPower Flux は3チップタイプ。1発のLEDに3個の素子が組み込まれています。
つまりカーテシの場合、4個に見えても実は12素子が発光しているわけですから、
明るくないわけがありません。
実際このLEDはもっと明るくもできますが、耐久性を考慮して電流を最大値の約25%減で
流しています。こうした点も自作する場合には注意すべき要素です。


ということで、一先ずは“電球をLEDに変更した部分”をお見せしましたが、
後編ではさらに特別機能をご紹介します。お楽しみに!
[PR]
by d-garage | 2008-01-25 07:11 | Trackback
トラックバックURL : http://dgarage.exblog.jp/tb/7062085
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。