D-garage   




| トップ | 施工例 | 愛車イラスト | twitter | オリジナル商品 | 不定期日誌 | 更新情報 | お問い合わせ | リンク | 掲示板 |

車のイラスト&バイクのイラスト制作なら D-garage にお任せ! ペン画のような精密さと水彩画のような風合いを合わせもったデジタル制作のイラスト。 車好きの旦那様・恋人へのクリスマスプレゼント等、ご贈答用にいかがですか?


Z12新キューブ&アルテッツァ用バッフル近日発売


なかなか進まない新車種用オリジナル商品、
この度お客様のご協力の下、何とか2車種追加できそうです!

ひとつはZ12系キューブ用のアウターバッフルキット
そもそもワンオフが主流のアウターバッフルですが、
「せっかく納車したのにこの不景気、ワンオフはきついよ・・・」
そんなお客様のリクエストもあって、キット化を決定しました。

ちなみにアウターバッフルキットといえばキャロムが有名でしたが、
こちらは既に販売を終えている様子。
こうした商品の需要はそれほど高く無いようですが、
ワンオフでン十万が相場のアウターバッフルが、
わずか数万円のキットでDIY装着が可能となれば魅力的なんじゃないでしょうか^^


d0083487_23563598.jpg
▲試作で修正を余儀なくされたバッフル・・・つまりゴミ^^


さて、もう1台はアルテッツァ。こちらは残念ながらドナー車両の手配が困難なため、
フロントのアウターバッフルキットではないのですが、
大手オーディオメーカーのバッフルにラインナップされていないリア用バッフルを販売予定です。

実は遠方のアルテッツァオーナー様のご好意で設計図を起こして頂きました。
ヤフーオークションなどでも個人の方が販売されている専用バッフルを見かけますが、
ここはやはりプロとしてしっかりした製品を作ろうということで、
通常のMDF切りっぱなしでは出来ない、高密度・防湿防水設計で製作します。

というのも、ネット上には間違った情報が氾濫しているようで、
バッフルの仕上げは“防水のためニスやラッカーで塗る”という記述が多くみられます。
実際にオーディオプロショップがそういう仕上げをしているとしたら大問題で、
ラッカー塗料には、吸水性の高いMDFを防水させるだけの性質はありませんし、
ニスについても、ラッカーよりはマシとはいえ奥まで染み込まず表面付近だけをガードする形に。
これでは防水性能は高くはありません。



ここまでを読んで「リアならば、防水はそこそこでいいのでは?」と思った方もおられるでしょう。
ところが、実際には防水加工には水の浸入を防ぐ以外に、水分変化を防ぐ役目もあるんです。
ダッシュ上のバッフルなどは日光の影響で水分が抜け切って縮んだりします。
もちろんボルト固定されたバッフルは割れますし、場合によってはスピーカーを壊す原因にも・・・

ということで、D-garageでは浸透性の高い樹脂系防水剤を染み込ませて製作しています。
2度塗り3度塗りが必要なためどうしても時間がかかってしまいますが、
長く愛用していただくために、そこは手抜きできません。
ちなみに防水力に注目すればFRP樹脂で固めるという方法もありますが、
固すぎるバッフルの音はやはり固くキンキンした音になり音の余韻が楽しめなくなるので、
価格面も含めMDFベースのバッフルならこちらがベターだと思っています。


d0083487_23575542.jpg
▲アルテッツァ・リア用バッフルは16~17cmスピーカーのほかに楕円タイプもOK


いずれの商品も近々販売を開始致しますので
皆さん宜しくお願いします!

  
[PR]
by d-garage | 2009-03-10 00:08 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://dgarage.exblog.jp/tb/9443415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。