D-garage   




| トップ | 施工例 | 愛車イラスト | オリジナル商品 | 不定期日誌 | 更新情報 | お問い合わせ | リンク | 掲示板 |

車のイラスト&バイクのイラスト制作なら D-garage にお任せ! ペン画のような精密さと水彩画のような風合いを合わせもったデジタル制作のイラスト。 車好きの旦那様・恋人へのクリスマスプレゼント等、ご贈答用にいかがですか?


カプチーノ用ドアスピーカーType-S/取付ガイド

オリジナルDIYキット/ドアスピーカーType-S 取付作業要領



1.純正スピーカーの取外し・ドア内張の取外し

   ▼左右キックパネルを取外し、純正スピーカーを外します。



   ▼また、ドア内張を取り外し、バッフル取付部の防水ビニールをカットします。



2.配線作業/スピーカー線のドア内引き込み

 ご用意したスピーカー線をドア内へ引き込みます。

   ▼スピーカー線の車両側を、+-いずれも平型端子(オス)に加工し、
    純正スピーカーのハーネスに差し込みます。

 

   ▼スピーカー線のスピーカー側を、ドアヒンジ部にあるグロメットに通し
    ドア内へ引き込みます。




3.ドアパネル加工/インナーバッフル固定ボルト穴の開口

   当キットのインナーバッフルは3ヵ所をボルト固定する設計になっています。
   うち下側2ヵ所は既存のクリップ穴を利用しますが、上側1ヵ所は新規に開孔する
   必要があります。
   また、サービスホール(ドア鉄板に事前に開けられた整備用開口部)にマグネット部
   が収まらないスピーカーを取付される場合には、サービスホールの拡張が必要です。


   ▼インナーバッフルの下側2ヵ所を、内張固定用のクリップ穴を利用して仮固定します。
    このときインナーバッフルの底辺がほぼ水平になるようにします。
    

   ▼インナーバッフル上側1ヵ所のボルト穴を利用して、ドア鉄板にパーキングします。
    マグネットの大きなスピーカーを取付される場合には、ここでサービスホール開口部
    に収まるかを確認し、必要があれば拡張のためのマーキングを行います。

   ▼仮固定したインナーバッフルを取り外し、マーキングに従いドリルでボルト穴を開口
    します。開口サイズは付属ボルト(M6)より少し大きめにしておきます(下側2ヵ所の
    クリップ穴と同程度)


4.内張りのカット

   ドア内張をインナーバッフルの形に開口します。

   ▼裏返した内張の上に、下側2ヵ所のクリップを利用しインナーバッフルを裏返しに置き、
    外周をマーキングします。

   ▼マーキングラインの数ミリ外側をカットします。切断面はアウターバッフルで隠れます
    が、大きなズレや内張の割れ等をカバーできるものではありませんので、慎重に作業
    して下さい。


5.インナーバッフルの固定と内張の取付

   インナーバッフルをドア鉄板に固定します。

   ▼裏側からボルトを通しソケットレンチ等で固定しながら、表側をナットで締め付けます。

   ▼インナーバッフルが固定できたら、内張を元に戻します。


6.アウターバッフルの取付

   インナーバッフルにアウターバッフルを固定します。

   ▼アウターバッフル裏面に付属のスポンジテープを貼ります。

   ▼付属のビスでアウターバッフルをインナーバッフルに固定します。


7.スピーカーの取付

   ▼スピーカーをアウターバッフルに固定します。

   ※当キット取付後にドア内張を脱着する際は都度スピーカーとアウターバッフルの
     取外しが必要になりますので、アウターバッフルに鬼目ナット等を打ち込んで
    固定して下さい。
[PR]
# by d-garage | 2001-02-02 02:02